多汗症に塩化アルミニウムがいいのでしょうか?

MENU

多汗症に塩化アルミニウムがいいのでしょうか?メリットとデメリット

薬局などで購入ができる、多汗症などでお悩みの方に、制汗剤として塩化アルミニウムが使われることがあります。

 

メリット

確かに、わきの下など効果のある部分もあるようですが、効果の低い部位もあるようです。

デメリット

副作用として、使用頻度や使用場所によりかゆみやかぶれがでる場合があります。
使用する際に、汗をかいていない状態で使う必要があります。

 

 

主にワキ汗対策として使われている場合がほとんどです。

 

それに、薬局でしか取り扱っていないので、直接、薬剤師の方に伝えて買うので、悩みを薬剤師の方に話す必要がありますし、ワキ汗なんてあまり知られたくない個人情報になるので、買いに行くのにやや抵抗感があります。

 

まとめ

 

多汗症の場合でも塩化アルミニウムが使われるのはワキ汗など、一部に使われているようです。
また、肌の弱い人にはかぶれやかゆみが懸念されます。

 

悩みを解決する商品はなるべく、人目につかない直接販売でなく通販で買えるものが買いやすいので対策しやすいです。

 

そこで、顔の汗や肌の弱い人にも、顔にも使える専用のジェルがおすすめです。
通販で買えますので、人目も気にならずに安心です。

 

多汗症に塩化アルミニウムがいいのでしょうか?

 

悩みに特化した新商品サラフェ(制汗ジェル)が日本で初めて発売されて、
今、顔の汗でお困りの方から、絶大な支持を集めています!

 

>>新商品サラフェ(制汗ジェル)はこちら